ゲームキャラの比較 評価検索なら | ゲーム攻略サイトGeimy

Filter

結果の1~12/73を表示しています

お気に入りに追加済Removed from wishlist 7
比較に追加
うちは一族の頂点に立つ忍。対立する森の千手一族の長、千手柱間とは不倶戴天の間柄であり、戦場で幾度も刃を交える。その瞳力と武才は数多の忍の追随を許さず、その闘争心は一族を守る大義の下に、天地に鳴り響く。
お気に入りに追加済Removed from wishlist 7
比較に追加
大筒木ハゴロモの次子。多くの仲間に助けられたことにより、仲間との絆を重視した考えを持ち、それが父に認められ忍宗の後継者となる。
お気に入りに追加済Removed from wishlist 7
比較に追加
大筒木ハゴロモの長子。父の"六道仙人"としての力を受け継ぎ、忍宗の後継を目されている。抜群の才覚ゆえの支配的な言動を危険視する声もあるが、弟アシュラへの優しさは、愛情深き彼の本当の心映えを示している。
お気に入りに追加済Removed from wishlist 7
比較に追加
外道魔像に全尾獣のチャクラが集結し、十尾は蘇った。八尾と九尾のチャクラについては部分的であるものの、その力は両者を遥かに凌ぐ。世界を循環する自然エネルギーそのものであり、人々に抗い難い絶望を与える。
お気に入りに追加済Removed from wishlist 7
比較に追加
三大瞳術の一つ「白眼」の開眼者にして大筒木ハゴロモの弟。母カグヤの行いを知り兄と共に対立。兄の修行中も母の側にいたが、兄の動向に気付いたカグヤに襲われ操られてしまう。
お気に入りに追加済Removed from wishlist 7
比較に追加
素顔を仮面で隠し、"月の目計画"の実現に暗躍していた男の正体は、うちはオビトであった。"神無毘橋の戦い"より十数年。大戦に散った名も無き英雄が、絶望と混沌をもたらす者に変貌し、かつての友の前に立つ。
お気に入りに追加済Removed from wishlist 7
比較に追加
大筒木ハゴロモの次子。インドラの弟。誰もが兄・インドラが選ばれると思われた中、仲間との絆を重視した考えを父に認められ忍宗の後継者に選ばれる。仲間との絆で、闇に堕ちた兄、インドラに立ち向かう。
お気に入りに追加済Removed from wishlist 7
比較に追加
「お前はまだ戻れる…」かつての友・はたけカカシの訴えは、届かない。リンを救えなかった「偽物」の垂れる講釈が、オビトの胸に穿たれた絶望を塞ぐことは、決してない。忍の祖と同じ力を手にし、オビトは絶望と終わりを告げる。
お気に入りに追加済Removed from wishlist 7
比較に追加
三大瞳術の一つ「輪廻眼」の開眼者にして後の"六道仙人"。己が目的の為に民の命を蔑ろにする母、カグヤの行いを知り対立。密かに戦う準備をしていたが見抜かれ、意志なき人形と化したハムラと対峙する。
お気に入りに追加済Removed from wishlist 7
比較に追加
六道仙人・大筒木ハゴロモの次子。特別な才能を示す兄・インドラとは違い、小さい頃から何をやってもうまくいかず、一人では何もできなかった。自らの努力と多くの仲間の協力や助けによって兄と並ぶ力を得る。そして、愛こそが全てを可能にすると悟る。
お気に入りに追加済Removed from wishlist 7
比較に追加
戦乱が続く時代、うちはマダラは一族を率いて数多の戦いに身を投じてきた。"森の千手一族"の好敵手、千手柱間に対抗し一族を守るために戦うマダラだが、いつしか力を求め、闘争の輪廻へと引きずり込まれていく。
お気に入りに追加済Removed from wishlist 7
比較に追加
うちはマダラの弟で、万華鏡写輪眼を開眼した、うちは一族でも稀有な忍。幼少の頃から、兄のマダラと競い合い力を高めていったが、千住一族との戦いの中、千手扉間の手によって致命傷を負う。
Geimy | ゲイミー
アイテムを比較する
  • Total (0)
比較する!
0